お不動さまの教えと歴史成田山を知る 弘法大師と成田山

弘法大師と成田山

弘法大師空海と真言宗

弘法大師の足跡
弘法大師空海は、宝亀5(774)年現在の香川県善通寺市にお生まれになりました。留学僧として唐(現在の中国)に入国し、青龍寺の恵果和尚より真言密教の教えを授かりました。帰国された後、真言宗の開祖として、高野山の開創や東寺での宗教活動のほか、日本初となる庶民のための学校「綜芸院種智院」を創設し、社会活動を積極的に行いました。
成田山とのご縁
成田山の御本尊である不動明王は、真言宗の開祖である弘法大師空海が自ら祈りをこめて敬刻開眼された御尊像です。成田山では弘法大師空海が中国より伝来された真言密教の教えに基づき、その秘法である護摩修法の正系をお伝えしております。

弘法大師と成田山

真言宗中興の祖、興教大師

興教大師の足跡
興教大師は、嘉保2(1095)年、現在の佐賀県鹿島市にお生まれになりました。20歳の時に高野山に登られた興教大師は、鳥羽上皇の支援を受けて高野山を整備、弘法大師の教えを再興するとともに、学徒を養成し、「新義」といわれる教学を確立しました。これが真言宗中興の祖と呼ばれるゆえんです。その後、高野山の座主にまでなりますが、権力の争いを避けるため、その座を降り、根来山(和歌山県)に移られます。この地の整備をすすめていましたが、3年後に49歳で入滅されました。
成田山とのご縁
成田山新勝寺は、京都府東山七条にある智積院を総本山とする真言宗智山派の大本山です。智積院は、興教大師が高野山に作った大伝法院が根来山に移り、その中で発展した寺院の一つで、豊臣秀吉に根来を追われた玄宥(げんゆう)僧正が徳川家康の支援を受け、京都に再興したのです。

次へ 成田山と縁の人々多くの歴史上の人物が成田山を参詣しています

このページの先頭へ戻る