お不動さまの教えと歴史成田山を知る 「成田山のお不動さま」と縁の人々

成田山を知る トップ

「成田山のお不動さま」について
「成田山のお不動さま」とは
お不動さまの御教え
成田山新勝寺について
成田山のはじまり(開山縁起)
成田山の歴史
全国の成田山
成田山と縁の人々
弘法大師と成田山
成田山のお不動さま」と縁の人々
もっと知りたい成田山
成田山Q&A
市川團十郎と成田山のお不動さま

平安時代 源頼朝 1147〜1198

以仁王が平氏追討を命じると、源頼朝は挙兵を決意し当山に平家討伐を祈願します。

室町時代 道誉上人 1515〜1574

道誉上人が成田山で行ったとされる100日に及ぶ断食修行の図が当山に所蔵されています。

江戸時代 海保甲斐守三吉 生年没年不明

刺された海保甲斐守三吉の前に、制咤迦童子が現れ、蘇生させたと言います。

江戸時代 徳川光圀 1628〜1700

徳川光圀公が記した「甲寅紀行」には、公が成田山を参詣したという記事があります。

江戸〜明治 二宮尊徳 1787〜1856

二宮尊徳は、人びとを救いたい一心で、当山の21日間に及ぶ断食修行を成就させます。

江戸〜明治 山内容堂 1827〜1872

山内容堂公が病床につかれた際、当山の7日間に及ぶ平癒祈願の祈祷の結果、快方に向かったと言います。

江戸〜明治 山岡鉄舟 1836〜1888

山岡鉄舟は、明治天皇が当山に行幸された際に、宮内少輔として随行しました。

明治〜昭和 倉田百三 1891〜1943

倉田百三は、病弱な体で不可能と言われた当山の21日間の断食水行を行いました。

このページの先頭へ戻る