初詣特集トップ 御護摩祈願 厄除けお祓い お車の交通安全祈願 初詣ピックアップ 初詣アクセス情報

境内マップ

おみくじのご案内

成田山では、古くから伝わるおみくじのほかに、良縁みくじ、こどもみくじも授与しています。本年の運勢を占うとともにお不動さまからお諭しをいただき、より良い一年となるようお祈りしましょう。

授与場所 大本堂西翼殿
境内各御守受場

古い御札を納める

境内の納札所では古い御札を納めることができます。お不動さまの御加護に感謝し、御礼まいりをして、御札を納めましょう。

納め場所 総門横御護摩受付所左側
大本堂手前の納札所

おまもりのご案内

初詣開運御守(体数限定)

初詣開運御守は、初詣されました皆さまの今年一年の開運を祈願した特別な御守です。
※予定数に達しましたので授与終了となりました。

期間 12月28日~
初穂料 800円

守護矢

守護矢は災難を払い一年の幸運を射止めるといわれる縁起のよいお守りです。お正月期間のみの限定授与です。
※予定数に達しましたので授与終了となりました。

期間 12月28日~2月中旬
初穂料 (大)2千円
(小)1千円

成田山初詣ニュース

成田山初詣の最新情報を随時更新しています。

新春不動明王御印紋のご案内

正月期の行事一覧

12月28日 柴灯大護摩供
12月31日 夕護摩供
1月1日 元朝特別大護摩供
1月1日〜28日 不動明王御印紋
1月7日 七草御印紋
1月8日 大般若会
初薬師
1月9日 成人の日・新成人参詣祈念記帳
1月11日 覚鑁忌御逮夜
1月12日 覚鑁忌法要
1月14日 第32回 仏教文化講座 第5講
1月18日 初観音
1月24日 初天神祭礼御逮夜
1月25日 初天神祭礼
1月28日(旧元日) 初不動
縁日写経会

成田山初詣Q&A

Q御護摩札のおまつりの仕方に決まりはありますか?
おまつりする場所は、ご質問のように仏壇でも、神棚でも構いません。また、お詣りする時に見下ろすことのない清浄な場所など、御護摩札が南か東に向くよう、おまつりください。 御護摩札をおまつりしたら、御神酒や御供物、灯明、花、水、香炉などを荘厳します。ご自宅で用意できるものだけで結構です。
Q喪中の参拝は控えた方が良いのでしょうか?
成田山の御本尊不動明王は、燃えさかる火炎をもって、私たちの穢れや罪障を浄めてくださいます。すなわち、お不動さまにおまいりすることで、身も心も清浄になるのです。 また、お不動さまが亡き人を初七日まで御守護、御導きくださるといいます。むしろ、喪に服している時こそ、亡き人の追善供養のため、お不動さまにおまいりください。
Q参詣時に休憩できるところはありますか?
成田山にはご参詣時の休憩にご利用頂ける無料休憩所が2箇所あります。1つは総門前にある信徒会館の1階です。広々とした空間にテーブルと椅子を用意しており、暖かいお茶と冷水をお飲み頂くことができます。もう1つは大本堂の向かいにある休憩所です。この休憩所は開基1080年祭記念事業の一環で平成25年12月に改築いたしました。寒い冬の参詣時に暖をとっていただくことができ、またご休憩中のささやかな楽しみとして御守のエピソードや境内ご案内、成田山で制作した様々な映像をご覧いただくことができます。御護摩時間までの待ち時間や境内散策時のご休憩など、ご自由にご利用ください。(バリアフリーに対応しています)
Q成田山にはどんな文化財があるのでしょうか?
成田山境内に建つ堂塔伽藍は、国指定重要文化財である仁王門、光明堂、三重塔、釈迦堂、額堂をはじめ、多くが江戸時代に建立されたものです。当時の建築技術の粋を集め、一流の絵師や仏師が関わっています。特に周囲を飾る彫刻は、「成田山は江戸木彫刻の宝庫」といわれるほど見事なもので、釈迦堂の壁面にはめ込まれた「五百羅漢」は、増上寺(東京都港区)秘蔵の仏画「五百羅漢」の作者である狩野一信が下絵を描き、仏師・松本良山が10年の歳月をかけて彫り上げた傑作です。また、釈迦堂内天井には狩野一信作の「雲龍図」「天人図」が描かれています。
Q厄年なのですが厄祓いについて教えて下さい
厄年はさまざまな人生の節目の中で物事がうまくいかなくなり、身体にも心にも影響を及ぼして災難をもたらす年回りであるといわれています。男性が数え歳で、25歳、42歳、 61歳、女性が19歳、33歳、61歳が本厄で、その前後の年が前厄、後厄です。
紀元前4世紀頃に周の時代の中国で成立した、万物は木・火・土・金・水の五行で構成されているとする五行説に12 年で一巡する十二支を割り当てて吉凶を占ったのが、厄年のはじまりといわれています。厄年で用いる数え歳は年が明けると年齢を1歳増やすという数え方ですので、一年の初めに受けられるのがよいでしょう。
Q御火加持(おひかじ)について教えてください
御護摩祈願のとき、御護摩札や御守、おまいりした皆さまの輪袈裟や念珠、バッグ、財布など、身の回りの物を御護摩の炎にあてることを「御火加持」といいます。 どなたでもお受けいただけますので、おまいりの際は「御火加持」を受け、お不動さまの御加護をお祈りください。
Q護摩木って何ですか?
護摩木は、御護摩祈祷で用いる特別な薪のことです。御護摩祈祷とは御本尊不動明王の前に壇を設け、護摩木という薪を焚いて、心願成就を祈念する真言密教の修法です。成田山では、ご参拝の皆さまに、護摩木にお願いごとを書いてお不動さまに捧げる「添護摩木祈願」をおすすめしています。