旬をお届け 今月の成田山 ひとこと説法「今月のひとこと説法」
江戸出開帳

今月のひとこと説法

成田山は4月28日から5月28日まで開基1080年祭記念大開帳を奉修しています。
境内では大塔婆御手綱をはじめ期間中にのみおまいりできる特別参拝を行っています。
大本堂前の大塔婆御手綱は、堂内におまつりするお不動さまの御手とつながっており、その綱に触れることでお不動さまに直接触れるのと同じ御利益をいただくことができます。
すべての人びとを救わんと誓われたお不動さまは、大きな岩の上にお坐りになり、激しい火炎を生じて火生三昧という瞑想の中におられます。右手には煩悩を断ち切る利剣を持ち、左手に慈悲の御心で人びとを導く羂索をお持ちになっています。その慈悲の手から直接伸びる御手綱に触れ、深き祈りを捧げることによって困難な時代を生き抜く力が心に宿り、大いなる御加護をいただくことができるのです。
十年に一度の貴重な機会にお不動さまとの御縁を一層深め、信仰心をより堅固なものにしましょう。

(2018年5月1日)

このページの先頭へ戻る

今月の成田山

今月のひとこと説法