旬をお届け 今月の成田山 ひとこと説法「今月のひとこと説法」
江戸出開帳

今月のひとこと説法

日本の記念日を定めた『国民の祝日に関する法律』によると、5月5日の「こどもの日」は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」とあります。5月第2日曜日は「母の日」です。カーネーションを贈り感謝の気持ちを伝える習慣があります。これらの記念日はともに母親への感謝の心を表しています。
真言宗をお開きになった弘法大師空海の教えに「四恩の徳」があります。私たちの身体は必ず父母から生まれるものであり、この世に生を受けた後も社会の恩や人びとの恩、仏さまの恩によって生かされている。その第一の恩が父母の恩であると大師は説かれました。
私たちは、生み育ててくれた両親から連綿と連なるご先祖さまの命、社会や周囲の人びとの助けがあって今があります。多くの恩や命によって生かし生かされているのが私たちの命です。
緑が茂り大自然に命の輝きを感じる初夏。父母の恩、先祖の恩、さまざまな命の恩、それらを育むお不動さまの大いなる慈悲の御心に感謝を捧げる5月にいたしましょう。
(2017年5月1日)

このページの先頭へ戻る

今月の成田山

今月のひとこと説法