旬をお届け 今月の成田山 ひとこと説法「今月のひとこと説法」
江戸出開帳

今月のひとこと説法

新年を迎え、成田山には大勢のご信徒が初詣してお不動さまへ年頭の祈りを捧げています。一日の計を朝に求め、一年の計を元旦に求めるのは古今変わりなく、願いに併せて「今年は…」「今年こそは…」と昨年果たせなかった目標をお不動さまに誓われている方も多いことと存じます。しかし、思い返してみれば、固かった決意も困難にぶつかって挫けたり、思ったような結果を出せず、気付かぬうちに決心も薄れて一年が終わる。心当たりのある人も居られることでしょう。
心というものは絶えず揺れ動くものです。
お不動さまは堅い石の上にお座りになり、人びとを救い導こうとする揺るぎのない決意と、燃えさかる火炎でひたすら精進し続けることの大切さを私たちに示されています。私たち不動尊信仰者は、この御教えを一日一日実践し、積み重ねていくことで、実りある一年とすることができます。
お釈迦さまの言葉を集めた経典『法句経』の一節に「屋根をよく葺いてある家には雨の漏れ入ることが無いように、心をよく修養してあるならば、情欲の侵入することが無い」とあります。毎日を精一杯取り組み、平成29年を輝かしい一年にしたいものです。
(2017年1月1日)

このページの先頭へ戻る

今月の成田山

今月のひとこと説法