お護摩とお守り祈る・授かる
厄年・星供とお祓い 「厄年お祓いについて」
  • 厄年お祓いについて
  • 厄除けのお申込み

「厄」には「わざわい・災難」という意味があり、厄年は、昔から病気にかかったり思わぬ災難に遭うことが多い年回りとされています。男性と女性の厄年は異なり、男性は数え年で25歳、42歳、61歳で、女性は数え年で19歳、33歳、61歳となっています。精神的にも肉体的にも変化する人生の節目にあたり、特に気を付けて過ごすべき年といわれています。

あなたの生まれ年を入力して、「調べる」ボタンをクリックしてください

成田山の厄祓い

ご参詣時のお申込み方法

厄年にはその前後1年間に前厄と後厄があり、本厄と同様に気を付けて過ごすべき年となります。

厄年は数え年で数えます。数え年は、満年齢に1歳を加えます。
男性の大厄は42歳、女性は33歳となります。

人生の節目といわれる厄年にこそ、自己を正しく省みて、どのような状況でもしっかりと向き合い、精進努力することが大切です。お不動さまは、大いなる慈悲の心により、私たちのあらゆる災いを取り払い、身代わりとなって守ってくださいます。

   
時間 午前8時~午後4時
※予約の必要はありません
初穂料 7千円/1万2千円
受付 成田山釈迦堂
初詣期間中の詳細は初詣特集ページをご覧ください

お問い合せ先:
〒286-0023 千葉県成田市成田1番地 成田山新勝寺
電話 0476-22-2111(代) 午前8時~午後4時 年中無休

このページの先頭へ戻る