大本山 成田山

イラストレーター田中ひろみの仏さま塗り絵

  • 毎月更新
  • オリジナル書き下ろし

成田山の仏さまが塗り絵に

イラストレーター田中ひろみさんが、成田山の仏さまを塗り絵にしました。
12月まで1ヶ月に一尊ずつ掲載していきます。

3月の塗り絵

千手観音
千手観音は、「千手千眼観音菩薩」ともいわれる。千本の手を持ち、各々の手のひらに目があるとされる。
千本の手と目で、どんな人たちでも漏らさず救おうとしている。手には、さまざまな持物を持つ。通常は、手は千本でなく42本の手に省略されている。
菩薩とは、さとりを開くため修行中の者で、インドの王子さまだったころの釈迦をモデルにしており、冠やアクセサリーをつけたきらびやかな姿をしている。

塗り絵用紙 ダウンロードへ

この仏さまはどこにおまつりされているの?

釈迦堂に奉安されています。
安政年間に建立された総欅づくりの前本堂で、大本堂建立にあたりに現在の場所に移された国指定重要文化財です。
堂内には釈迦如来、普賢菩薩、文殊菩薩、弥勒菩薩、千手観音を奉安。御堂周囲の壁面には五百羅漢や二十四孝の彫刻がほどこされ、江戸時代後期の特色をよく残しています。

釈迦堂のご朱印
成田山では御堂ごとに御本尊のお名前を書いた6種類のご朱印をお授けしています。
釈迦堂では、主尊である釈迦如来の御朱印を浄書。それぞれ雰囲気の違うご朱印をお楽しみください。
成田山の仏さまが塗り絵の楽しみ 集中力アップ,瞑想・癒しの効果,日々の中に仏さまを 特別企画の成田山仏さま塗り絵をお楽しみください!
いやしのひと時をお過ごしください
広がる、深まるこんな楽しみ方も
SNSで共有したり
フレームに入れておまつりしても

塗り絵を楽しんだ後は・・・納仏の仕方

用紙の裏面にお願い事、氏名、住所、電話番号を記入し、成田山へ納めてください。
仏さま塗り絵用紙は、仏さまが描かれている大切な用紙です。
塗り損じた用紙も捨てずに、一緒に成田山へ納仏してください。
また、納仏された方の中から、下絵の作者であるイラストレーターの田中ひろみさんが優秀作を選出します。

  • 成田山へ直接 納める

    境内の御護摩受付所でお預かりしておりますので、おまいりの際にお持ちください。

  • 郵送で納める

    公式ウェブサイト「仏さま塗り絵」係まで郵送ください。

  • メールで納める

    今回は、メールでもお納めできます。「仏さま塗り絵」係 メール受付までお送りください。

納仏方法を詳しく見る

来月の仏様もお楽しみにしてください これまでの塗り絵と月の行事

1月の塗り絵


塗り絵:不動明王
奉安場所:平和大塔

1月の成田山

初詣
毎年三が日には約300万人の参詣者が初詣しています。
重さ200キロを超える江戸時代から伝統の大しめ縄をくぐり、お不動さまのご利益をいただきましょう。

2月の塗り絵


塗り絵:釈迦如来
奉安場所:釈迦堂

2月の成田山

常楽会
お釈迦さまが入滅された2月15日にその徳を偲んで行う法要で、涅槃会ともいいます。
お釈迦さまが入滅された様子を描いた涅槃図を掲げ、前日には御逮夜法要も厳修。お釈迦さまの報恩に感謝して、御宝前で焼香しましょう。

3月の塗り絵


塗り絵:千手観音
奉安場所:釈迦堂

3月の成田山

全国災害物故者総供養会
近年、日本各地で大地震や豪雨災害が発生し、多くの方が被災しています。
東日本大震災が発生した3月11日、千手観音を奉安する釈迦堂で自然災害などで犠牲となられた方々を供養する全国災害物故者総供養会を厳修します。
たくさんの手でたくさんの御霊を救っていただけるよう、千手観音にお祈りしましょう。

来月の塗り絵は・・?画像で少し紹介


ヒント1日本仏教興隆の祖と仰がれる
ヒント2仏教の法要に音楽を取り入れた
ヒント3十人の話を一度に聞けるなどといった超人的な伝説も有名

来月以降も
どうぞ楽しみに!

実際の仏様に参詣♪

もっともっと“おすすめ成田山”

まだまだ気になる!

3月の塗り絵 ダウンロード

千手観音
千手観音は、「千手千眼観音菩薩」ともいわれる。千本の手を持ち、各々の手のひらに目があるとされる。
千本の手と目で、どんな人たちでも漏らさず救おうとしている。手には、さまざまな持物を持つ。通常は、手は千本でなく42本の手に省略されている。
菩薩とは、さとりを開くため修行中の者で、インドの王子さまだったころの釈迦をモデルにしており、冠やアクセサリーをつけたきらびやかな姿をしている。

塗り絵用紙 ダウンロード

※ブラウザ依存のため、
一旦ダウンロードをして印刷することをおすすめしております

※ダウンロード期間は、当月のみに限ります

この仏さまはどこにおまつりされているの?

釈迦堂に奉安されています。
安政年間に建立された総欅づくりの前本堂で、大本堂建立にあたりに現在の場所に移された国指定重要文化財です。
堂内には釈迦如来、普賢菩薩、文殊菩薩、弥勒菩薩、千手観音を奉安。御堂周囲の壁面には五百羅漢や二十四孝の彫刻がほどこされ、江戸時代後期の特色をよく残しています。