大本山 成田山

イラストレーター田中ひろみの仏さま塗り絵

今月の塗り絵

大本山 成田山

5月の塗り絵

毘沙門天
東西南北を守る四天王のうち北を守る「多聞天」が、単独で祀られる場合「毘沙門天」と呼ばれることが多い。 鎧に身につけ、左手にはお釈迦様の骨(仏舎利)が納められている宝塔を持つ。右手には「三叉戟(さんさげき)」 という先が三つになった槍を持つ。足元には、邪鬼を踏みつけている。戦国武将からは、武神として信仰を集めた。 また、七福神の一員で、財宝の神ともされている。

塗り絵用紙 ダウンロードへ

※ダウンロード期間は、当月のみに限ります

この仏さまはどこにおまつりされているの?

仁王門に奉安されています。
現在の仁王門は1831年(天保2年)の再建。正面に那羅延金剛と密迹金剛の仁王像、裏仏には多聞天(毘沙門天)と広目天を奉安しています。 江戸時代、大工の辰五郎がこの仁王門から落ちるも持っていた木札が割れて無事だったというご霊験から、身代御守が授与されるようになりました。

アクセスマップ

仁王門は、総門をくぐり目の前にあります。

5月の塗り絵

こちらからダウンロードいただけます

今月の塗り絵用紙 
ダウンロード