大本山 成田山

イラストレーター田中ひろみの仏さま塗り絵

今月の塗り絵

大本山 成田山

3月の塗り絵

千手観音
千手観音は、「千手千眼観音菩薩」ともいわれる。千本の手を持ち、各々の手のひらに目があるとされる。
千本の手と目で、どんな人たちでも漏らさず救おうとしている。手には、さまざまな持物を持つ。通常は、手は千本でなく42本の手に省略されている。
菩薩とは、さとりを開くため修行中の者で、インドの王子さまだったころの釈迦をモデルにしており、冠やアクセサリーをつけたきらびやかな姿をしている。

塗り絵用紙 ダウンロードへ

※ダウンロード期間は、当月のみに限ります

この仏さまはどこにおまつりされているの?

釈迦堂に奉安されています。
安政年間に建立された総欅づくりの前本堂で、大本堂建立にあたりに現在の場所に移された国指定重要文化財です。
堂内には釈迦如来、普賢菩薩、文殊菩薩、弥勒菩薩、千手観音を奉安。御堂周囲の壁面には五百羅漢や二十四孝の彫刻がほどこされ、江戸時代後期の特色をよく残しています。

アクセスマップ

釈迦堂は、総門より徒歩5分ほどの場所にあります。

3月の塗り絵

こちらからダウンロードいただけます

今月の塗り絵用紙 
ダウンロード